​外壁改修の流れ
1.足場組立

まずは足場を設置し、外壁改修工事が安全に施工できるようにします。

2.調査・マーキング

外壁がどこまで痛んでいるのかを調査します。打診検査及びマーキングを施し、改修方法の違いによって色分けを行います。

3.下地処理

痛んだ箇所の下地処理を行います。

※下地処理:鉄筋の錆止め塗装、モルタル剥離部の修繕など

4.シーリング打ち替え

劣化したシーリングは、撤去後、新しいシーリング材を充填します。

※シーリング材:気密、防水のためのペースト状の材料。コーキング材とも表現します。

5.水洗い

仕上工事(塗装)前に、高圧洗浄機を用いて水洗いを行います。仕上材が密着するように、表面の汚れをきれいに洗い落とします。

6.塗装

水洗い後、仕上工事(塗装)に入ります。下地処理と水洗いを適切に行うからこそ、キレイな仕上りとなり得るのです。

7.屋根・ベランダ防水

外壁と同じく、水洗いと下地処理ののち、防水工事を行います。ベランダ床のひび割れによる部屋内への漏水の可能性もあるので、防水工事を確実に施工する必要があります。

8.外壁サッシ・ガラス等の清掃

9.足場解体

最後は清掃を行い、その後、足場解体の流れになります。

10.完成

工事完了です。リフレッシュされたキレイな建物へと変わります。

Copyright 祐榮建設(有). All rights reserved.